青汁はたくさん飲むほど効果がでるわけではない!?

青汁はやっぱり飲めば飲むほどいいのかな?美味しい青汁なら俺は何杯でもゴクゴクいけるぜ!

どんなものでも同じだけど、おんなじものを食べ過ぎ・飲み過ぎはやっぱりダメよ。青汁ももちろんそう。青汁は一日何杯飲むのが正しいのか説明するわ。

 

遅くまで残業、家事や育児に追われてついついスーパーのお惣菜…忙しい現代人にはバランスのとれた食事はなかなか難しいものですよね。

 

炭水化物中心で野菜は少しだけという方も多いのではないでしょうか?そこで今注目されているのが青汁。栄養もあって美容にも効果ありと聞いたら、飲まずにはいられませんよね。

 

でも、青汁の適正量ってご存知ですか?一日どれくらい飲むのが適量なのか確認してみましょう!

 

愛飲している青汁は1日どれだけ摂取してもいいの?

 

野菜が不足しているのだから、もはや野菜をとらずに青汁をたくさん飲めばいいのではないか?と思ってしまいそうですが、そう簡単にはいきません。いくら青汁が薬ではないといってもやはり1日に飲んでいい目安量があります。

 

例えば当サイトのランキングで上位に入っている青汁の中でも特に人気のある青汁3つの最適な摂取量を見てみましょう。

 

本搾り青汁ベーシック(ファンケル) 1日1包〜3包を目安

ふるさと青汁(マイケア)1日に1〜3包を目安

神仙桑抹茶ゴールド(お茶村)1日に2〜3包を目安

 

青汁を飲み過ぎても体に悪影響はない?

 

ここまで読んで「そうは言っても、ちょっと小腹がすいたときや口さみしい時に飲みたいのだから、ジュース感覚で飲んではダメなの?」

 

と思った方へぜひお伝えしたいことがあります。飲み過ぎるとこんな危険性があります。

 

腹痛などの腸内環境の悪化

 

最初に挙げられるのは、青汁に含まれる豊富な食物繊維によって、お腹の調子がゆるくなってしまうこと。適度にとれば、腸のぜん動運動を促して排便をスムーズにしてくれる重要な栄養素の食物繊維も、多く摂取しすぎると過剰に腸を刺激。腹痛や下痢といった腸内環境が悪化する症状が出ることもあるのです。

 

カリウムの取りすぎによる胃腸症状

 

カリウムがたくさん含まれている青汁。摂取のしすぎは吐き気などの胃腸症状が出ることもあるので気を付けなければいけません。腎臓や肝臓の病気を抱える方や人工透析をしている方は、青汁の過剰摂取に特に注意が必要です。カリウムを上手く排泄できないがゆえに、腎臓や肝臓に異常があると、高カリウム血症を起こします。さらには胃腸症状のほかに、しびれや脱力感、不整脈といった生活に支障をきたすような症状がでてくるおそれがあります。

 

そもそも青汁がNGのケースも

 

また、摂取事体が禁止される場合もあります。ワルファリンというお薬を服用している場合です。心筋梗塞や脳血栓症の治療に使われるワルファリン。このお薬は、ビタミンKのはたらきを抑えることによって、血液を固まりにくくしています。青汁はビタミンKを豊富に含むので、ワルファリンの作用を弱くしてしまうのです。

 

 

 

青汁を飲むときに考慮したいのは、自分の持っている病気や体調を考え、適切な量を守ることです。
少しでも青汁を飲むことに不安を感じる場合や、飲みはじめてから体に好ましくない変化を感じた場合には、すぐにかかりつけ医などに相談し、飲んでもいいのか判断してもらいましょう。

 

より良い生活のためにも1日の適切な量を大切に

 

サプリメントなどもそうですが、青汁も、一日の適切な摂取量を守って飲むからこそ、青汁本来のよい効果を期待することができます。より多く摂取したからといって、効果が倍になることはありません。服用中のお薬などと反応して体調をくずすおそれもありますので、パッケージやパンフレットに記載されている適切な量を守って飲むようにしたいものです。

 

また、青汁だけで栄養をとろうとせず、毎日の朝・昼・晩の食事をできるだけバランスよくとるように心がけると良いのではないでしょうか。青汁はあくまで健康を補助するための飲み物として、食生活に取り入れて、おいしく摂取することをオススメします。

 

青汁は適切な量を飲んでこそ健康に良いとされています。各青汁商品の説明にある分量を守りましょう。飲みすぎてもいいことはありません。また、青汁を飲んだからあとはなんでも良いわけではなく、バランスの良い食事などを心がけることも忘れないでください。